これが【えん麦のちから】の口コミと効果

代謝が落ちたのか痩せにくくなった
健康診断であまりいい結果が出なかった
便秘で悩んでいる

このようなことでお悩みであれば、楽痩せ【えん麦のちから】をおすすめします。

口コミで広がり、利用者のあいだではこんなうれしい声が届いています。

ダイエットのサポート食として使えないかということで始めました。1週間ほどつづけていると腸の調子がよくなったように感じました。かつて食事制限ダイエットをしたときは空腹感に耐えるのがきつくて、すぐに挫折してしまいました。でもえん麦のちからはおいしいのと空腹感を感じにくいため、楽しく続けることができます。

便秘がちなので野菜サラダを食べるようにしていたのですが、なぜか効果なし。食物繊維には水溶性と不溶性があり、両方のバランスが大切だということを知りませんでした。えん麦のちからには、両方の食物繊維がバランス良く含まれているので、続けているとお通じがよくなりました。

ダイエットにも効果? 「えん麦」とはどのような食材なのか?

つばめのような形をした穂をつける麦です。漢字では「燕麦」と書きます。

えん麦とは海外ではオートミールやグラノーラとして親しまれている穀物です。
FDA(アメリカの食品医薬品局)から栄養機能においてランクAの評価をされている食品なのです。

このえん麦、ダイエットにも効果が期待できる食品なのです。

まず食物繊維が玄米の9倍。また食物繊維には水溶性のものと不溶性のものがありますが、両方をバランス良く摂取することが必要です。水溶性:不溶性が2:1のベストバランスで含まれているのです。

また水溶性食物繊維は大腸内に生息している善玉菌のエサとなります。腸内環境を整えるにもおすすめの食物なのです。いくら乳酸菌を腸内におくりこんでもエサになるものがなければ定着しませんから。

ダイエットでは血糖値のコントロールが必要です。大量の糖分が血液内にはいれば、血糖値を下げるためにインスリンが分泌されます。インスリンは高血糖という危険な状態にならないようにするために必要なものなのですが、これによって脂肪組織で脂肪が合成されるのが促進されるだけでなく、脂肪の分解が抑制されてしまうのです。血糖値があがりやすい食事は太りやすい食事でもあるのです。

食後の血糖値の上昇度を数値化したものがGI値ですが、これが低いほど血糖値の上昇が緩やかで、インスリンの分泌量も少なくさせることができるのです。

えん麦に豊富にふくまれるベータグルカンは水に溶けると8倍に膨張。おなかのなかで長時間とどまるので空腹感を感じにくくなります。知らず知らずのうちにやってしまう食べ過ぎを防ぐことができるのです。また膨らんだβグルカンの働きでとりすぎた糖分や脂肪分の吸収を穏やかにするという効果も。

「えん麦のちから」は他の料理との相性も

どんなに「食材○○はダイエットに効果的です!」といわれても、毎日続けるのは難しいものです。ところが麦の香ばしさが特徴の「えん麦のちから」はいろいろな食べ物との相性がいいのです。

くせがない味なのでいろいろな料理のアレンジに使えるうえに、味噌汁にいれるとか、毎日飲む牛乳やコーヒーなどにいれることもできるのです。いくらダイエットに効果があるといっても、おいしく続けられることが必要ですから。

使用しているえん麦は無農薬栽培されているものを使用。一般的なえん麦ふすまでは口当たりがよくないのと肝心のベータグルカンが細胞壁に閉じ込められていて、おなかのなかにはいってもうまく働きません。

えん麦のちからでは独自の製法で、素材のもつ成分や風味を残したままでベータグルカンも高濃度に濃縮することに成功しました。口当たりもなめらかでおいしく召し上がることができます。